髪が薄い男性

AGA治療薬であるプロペシアの有効成分はフィナステリドです。フィナステリドはもともとは前立腺肥大の治療薬でした。前立腺肥大患者を対象とした臨床試験で、髪の毛が生えてくるという作用があることが発見されAGAの治療薬として使用されるようになりました。プロペシアの後発医薬品としては、フィンペシアエフペシアがあります。プロペシアとフィンペシア・エフペシアの違いは主に添加物となります。副作用には大きな違いはありません。

AGAとは

AGA(エージーエー)とは、AndrogeneticAlopeciaの略で男性型脱毛症です。成人した男性に多い髪の毛が薄くなる状態のことです。額の生え際や頭頂部の髪の毛が、両方またはどちらか一方が薄くなって進行します。原因として考えられるのは一般的に遺伝や男性ホルモンの影響です。抜け毛がどんどん増えて薄毛が目立つようになっていきます。

AGA(エージーエー)の人は日本全国で約1260万人(20歳から69歳の成人男性の3人に1人の割合)いるといわれていて、そのうち症状を気にしている人は800万人で、何らかのケアを行っている人は650万人です。進行性の症状になるので、何もしないでほうっておくと、毛の数はどんどん減り続けて、徐々に毛が薄くなっていくため、早めのケアが重要になってきます。進行パターンは大きく分けると3タイプにわけられます。額の生え際から後退していく人、頭頂部から薄くなる人、これらの混合タイプです。

AGAの脱毛部分にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度であり、ヘアサイクルの成長期を短くする原因物質になります。髪の毛の成長期が短くなることによって、髪の毛が太く長く成長する前に抜けてしまうというわけです。十分に髪の毛が育たない上に細く短い髪の毛が多くなると、全体的に薄毛となってきます。DHTは5α-還元酵素という酵素によってテストステロンから作られる物質です。

特徴としては抜け毛と薄毛からゆっくり進行していくものです。額の生え際や頭頂部の髪の毛のどちらか一方かまたは両方から薄くなりますが、毛包が成長しないため髪の毛が太く長くなる前に抜けてしまいます。ただし通常、薄毛の状態になっていてもうぶ毛は残っていますので、毛包が存在している限りは髪の毛は今後、長く太く育つ可能性があるのです。決して諦める必要はありません。

AGAを治療するには専門のクリニックへ通うのが一番確実です。クリニックではその人の進行状態やカウンセリングの結果をもとに、投薬治療等を行っていきます。薬には現在承認されているものでも数種類あるので、その人の状態に合った薬が処方されます。またクリニックによっては色々な薬をミックスしたオリジナルの薬もあるので、まずはカウンセリングを受けることをおすすめします。

人気のジェネリック「エフペシア」

エフペシアはフィナステリド配合の医薬品であるプロペシアの後発医薬品(ジェネリック医薬品)です。プロペシアに比べると価格が安いのが特徴です。AGAは長期的な治療が必要なのでお財布に優しい医薬品となっています。エフペシアが効果的な理由はその配合されている成分のフィナステリドです。フィナリステリドを服用すると男性ホルモンが抑制されます。そのことでヘアサイクルが正常化する可能性があるのです。エフペシアの中に配合されているフィナステリドは、長期的に服用することで効果を期待することが出来ます。日本国内の臨床実験の結果、3年間の適切な使用を行った患者に対し、8割程度が症状が改善されたという結果が出ています。3年の間、現状を維持できた患者は9割でした。
エフペシアを服用する際の注意点は、副作用の可能性があるという点です。フィナステリドは実は元々は薄毛治療のための成分ではありません。そのため回復効果以外の作用が出てしまうことがあります。EDや肝機能障害というような重い副作用が出る可能性もあります。エフペシアはジェネリック医薬品ですが、先発医薬品であるプロペシアとは添加物が違っています。添加物が違うことで、予想外の副作用が出てしまう可能性もあるので、使用していて万が一何らかの異常が認められた場合、使用を中止したり医師に相談することが大切になります。エフペシアに限定したことではないものの、このタイプの薄毛治療薬は後遺症が出てしまうこともあります。服用を辞めても症状が出てしまう可能性があるので、症状が出た場合は注意が必要です。

薬の飲み方について一番重要なのは服用量をしっかりと守ることです。たくさん飲めば効果が上がる可能性もありますが、飲む量が増えれば副作用を起こすリスクも高まります。この薬はフィナステリドが1mg配合されているのですが、それで十分な効果があるのです。量を多くしてもあまり意味がありません。毎日決まった時間帯に飲むことをおすすめします。効果的に使用するためには、血中濃度を一定に保つことが大切です。いつも同じ時間帯に飲むことによって安定させることが出来るのです。飲む時間が不規則だと副作用のリスクが高くなってしまったり、効き目が弱くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

人気のジェネリック「フィンペシア」

フィンペシアはAGA治療薬であるプロペシアの有効成分のフィナステリドを含むジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品は先発医薬品に比べて有効成分が同じであっても、効果が出にくかったり薬が効きすぎてしまうという可能性も捨て切れません。先発品に比べて製品安全情報が少ない場合はあり、予期せぬ副作用が出てしまう可能性もあります。フィナステリドはもともと前立腺肥大の治療薬として開発されたものなので、取扱には注意が必要です。

先発医薬品とジェネリック医薬品は、成分はほぼ同じものが使われていますが、完全なコピーではないです。というのも、基本的にはジェネリック医薬品は先行医薬品の特許が切れたことによって、先行医薬品を研究して販売されるものです。薬の構造が公開されていることで、製造そのものは簡単に行うことができますが、先行医薬品を研究して開発するので全く同じではありません。特に違うのは添加物で特許が有効な成分が配合されている場合、別の添加物を使用します。このため効能や効果、容量や用法、副作用などに関して微妙に違ってくることがあります。しかし異なるのはあくまでもわずかなので、先発医薬品とほぼ変わりなく使用することができます。価格を抑えることができるので継続的な治療には有利ですので、フィンペシアを購入してAGA改善を始めましょう。

フィンペシアを製造しているのは日本の製薬会社ではなく、インドの大手の製薬会社であるシプラ社です。シプラ社は1935年から営業しており、多くの剤形製造技術があり、抗生物質や抗がん剤、HIV治療薬等を製造しており、1500種類もの薬を150カ国以上で販売している会社です。スプラ社の特徴としては、先行医薬品を購入できない新興国向けが中心なので価格が極めて安く抑えられています。

フィンペシアは日本国内では認可されていない薬なので、購入する場合は個人輸入の形をとることになります。個人輸入には危険が伴うので注意が必要です。日本国内では稀であるものの、海外では偽薬が流通ルートに上がることも多く、個人輸入で偽物を購入してしまうこともあります。一部の業者では薬の成分調査を行っているところもありますが、リスクとしてとらえる必要があります。日本国内では他の薄毛治療薬が1錠250円程度の費用がかかるのですが、フィンペシアは1錠24円程度です。