• ホーム
  • AGA以外の薄毛や抜け毛の原因って何がある?

AGA以外の薄毛や抜け毛の原因って何がある?

2019年11月25日
髪に落ち込む男性

AGA以外の薄毛や抜け毛の原因は非常にたくさんあります。ストレスはもちろんのこと、睡眠不足や偏った食生活、飲酒や喫煙、遺伝やホルモンバランスの乱れ、皮膚の疾患や過剰な皮脂分泌、加齢や紫外線による影響などです。薄毛や抜け毛を予防するためには様々な方向からアプローチしたトータルなヘアケアがおすすめです。まず自分で行えることとしては、バランスの取れた食生活を心がけること、睡眠時間を十分にとって睡眠不足にならないようにすること、規則正しい生活を心がけることが大切です。その上で自分の体質に合ったスカルプケアやヘアケアを行っていくことが基本です。

喫煙や飲酒を長年続けていると血液循環や血行が悪くなって髪の毛へ十分な栄養を届けるのはむずかしくなります。そのため、毛根や頭皮がダメージを受けて薄毛になってしまうことがあります。遺伝もひとつの原因でありますが、薄毛や抜け毛は複数の原因が絡み合って起こるので、親が薄毛だからといって100パーセントの確率で遺伝するというものではありません。中には親が薄毛であってもならない人もいますし、逆に親がふさふさであっても薄毛になってしまう人もいます。ちなみにAGAに関しては遺伝は関係深いです。

若い頃にパーマやブリーチなどを頻繁にしていた人は、髪の毛は頭皮にダメージが蓄積して、それが原因で薄毛になる場合もあります。整髪料に関しては明らかな関連性を示すデータはないものの、明らかに付けすぎていたり、整髪料を使用した後にしっかりとシャンプーで洗い流さないと、髪の毛や頭皮への負担が大きくなって薄毛や抜け毛に発展してしまう可能性があります。パーマをする際に使用するパーマ液が頭皮につくと、肌荒れを引き起こすこともあるのと、ワックスやヘアスプレーなどの整髪料の使用量は最低限にして、使用したあとは毎日シャンプーでしっかりと洗い落とすようにしてリスクを減らすことがおすすめです。

髪の毛の軟毛化の原因は生活習慣によるものが大きいです。普段の生活が頭皮や髪の毛に負担をかけているのです。髪の毛の成長サイクルも重要です。髪の毛は成長期・退行期・休止期というサイクルを繰り返して成長しているのですが、サイクルが乱れると軟毛化しやすくなります。現代は若者が軟毛化しており、それがAGAへとつながっている事実もあります。軟毛化をそのままほうっておくと、最終的には細い毛さえも生えてこない状態になってしまうので、対応が遅れないことが大切です。

関連記事
頭皮にカビが!?ケトコナゾール外用薬で解消しよう

脂漏性皮膚炎は脱毛の原因にもつながりますので早急な治療が必要です。頭皮に発症するとふけが出る症状が出て、乳児や中高年の男性に多い疾患です。中高年の男性の場合の発症部位は頭皮が大半を占めているので脱毛の原因になりやすく、初期症状としてふけの増加がみられます。皮脂成分は男性ホルモンによって促進されるので ...

2019年11月06日
AGA治療薬ロゲインについて解説!【ミノキシジル成分】

AGA治療薬であるロゲインはアメリカのファイザー社が販売する育毛剤になります。ロゲインには発毛効果を期待することが出来るミノキシジル成分が配合されています。ミノキシジルはもともとは血圧の薬として開発された薬で、臨床試験のときに投与した患者に発毛効果が認められたため、現在は発毛成分としてAGA治療薬に ...

2019年10月19日
フィナステリドとミノキシジルの成分はどう違う?

フィナステリドと同じくらい使用することの多い薄毛治療薬として、ミノキシジルという薬がありますが、2つにはいくつかの違いがあります。薬が作用するメカニズムの作用機序もそれぞれの薬で違います。フィナステリドは男性ホルモンであるテストステロンをDHTへ変換する酵素である、5αリダクターゼを阻害する作用があ ...

2019年10月09日